三文判やゴム印の問題

そもそも印鑑登録とは何かといえば、自分の印鑑の持っている印影を公的に登録することによって自分のものであると証明できるようにすることです。つまり、印鑑本体である印章が登録されるわけではありません。印面に朱肉をつけて押したものが登録されるのが重要なポイントです。この登録をおこなっていくのが、自分が住んでおり住所を登録している市区町村になります。登録する場所も、公的な役場になってくるのは、こうした意味があるところを理解しておかなければいけません。

シャチハタ印影を登録することに意味があり、印象本体は登録とは全く関係がありません。ですが、三文判やシャチハタのようなものは原則登録ができないことを理解しておかなければ、いざ登録しに行くと拒否される可能性が出てきます。理由は印影が自分のものであると証明できるかどうかにかかっているからです。

三文判は、大量生産されるものであり、自分と同じものが大量にあります。シャチハタは一般的に浸透ゴムを使ったもので、大量生産できるだけではなく、力の入れ方でゆがんでしまい、常に同じ印影を残せない問題があるため、拒否されると考えるといいでしょう。登録したいのに、こうしたものを持っていけば、それだけで時間を無駄にしてしまいますので、よく覚えておくべき準備事項です。